子育て中の時短勤務者に現金支給?

子育て中の時短勤務者に現金支給?

ネット上でのそれぞれの意見とは…


2022年11月12日、政府が育休明けの時短勤務者に向け、現金給付の新しい制度を創設することを検討しているというニュースが流れました。
対象は雇用保険加入者で、その財源は雇用保険から捻出されるそう。

ネットではそれぞれの立場から意見が出ていました。

時短勤務者の方の意見

・ただでさえ急な休みなどで肩身の狭い思いをしているのに、働かずにお金をもらうなんてもっと仕事がしづらくなってしまう。

・周りからの反感がこわい。

・現金給付はしなくていいから、所得制限の撤廃や年少扶養控除を復活させてほしい。

・時短でなくてもいいから父親も母親も定時であがれれば…。

その他の方の意見

・いつも時短勤務者の急なお休みなどのフォローしているのは自分たちなのに、どうしてなんの恩恵も受けられないのだろう。

・同一労働同一賃金、ノーワークノーペイとは?

・自分は有給も取れず休みなく働いている。最大限協力していきたいと思う反面、限界を感じるときもある。時短勤務でさらにお金がもらえるなんて…自分はなんのために頑張っているのだろう。

・自分も子育て中の人の穴を埋めるためにこき使われてきたが、一切報われなかった。今同じ状況にある若い人たちにもなにか給付してあげてほしい。

ひと昔前の日本であれば、ほとんどの人が子どもを産み、持ちつ持たれつのような関係で納得できていた部分もあったかもしれません。

しかし、現在は結婚をしない・子どもを産まないという選択をする人も増えており、以前のような考え方は正直難しいと感じます。

また時短勤務者のほとんどは女性であり、育児の負担がさらに女性に偏ることは想像に難くありません。

時短勤務者の中には、父親も母親も定時で帰ることができれば、自分ひとりが時短で少し早く帰るよりしっかり育児ができるという意見もありました。

現在時短勤務中の方からも肯定的な意見はほとんどなく、現在の国民の暮らしをまったく把握できてない人たちの考えた施策だろうと思わずにはいられません。

この国に住んでいるさまざまな立場の人が最大限納得できるようなお金の使い方をしてほしいと思います。


この記事のライター

1994年、新潟県生まれ。フェミニスト。働く女性の力になりたい。
大学では韓国語を専攻していました。IT営業、コンサルの経験有り。
趣味はツイッター、好きな食べ物はおにぎりです。猫好き。
気になった出来事を自分の考えとあわせて発信します。(女性差別に関する記事多め)

関連するキーワード


#社会問題 #働き方

関連する投稿


保育のプロが園児を虐待

保育のプロが園児を虐待

その道に向かない人の免許ははく奪されて然るべきではないでしょうか。


年収1000万円なら子どもは不自由なく育てられるのか

年収1000万円なら子どもは不自由なく育てられるのか

年収1000万円家庭が抱える苦労とは


ハロウィンで人が殺到。梨泰院で起きた悲惨な事故から考える。

ハロウィンで人が殺到。梨泰院で起きた悲惨な事故から考える。

“誰のせい”は本当に重要なのか。


広がりをみせる多様なオフィスルック

広がりをみせる多様なオフィスルック

仕事をするときの服装、あなたは意識していますか?


子どもがキャリアの妨げに?チャイルドペナルティとは

子どもがキャリアの妨げに?チャイルドペナルティとは

子どもをもつ親が抱える日本の現実。アンケートでわかったリアルな声


最新の投稿


PMSってなに?月経前症候群について知ろう

PMSってなに?月経前症候群について知ろう

日常生活に支障をきたすその不調、PMSかもしれません。


いつも血液が不足している理由とは

いつも血液が不足している理由とは

献血は簡単にできるボランティアです。


「子どもに毎月5千円」少子化対策で検討へ

「子どもに毎月5千円」少子化対策で検討へ

チルドレンファーストの社会に向けて


2023年から変わること

2023年から変わること

私たちの生活にどんな変化がもたらされるのでしょうか。


 神社の格式とは

神社の格式とは

意外と知られていない「社号」について説明します!


最近話題のキーワード

FABOnews.で話題のキーワード


#心理学 #メンタル #犯罪 #性被害 #子育て #企業 #自殺 #命